ビオメディ 効果

ビオメディの効果について

ビオメディと本

 

ビオメディの効果を調べるべく、ビオメディを購入しました。

 

皮膚常在菌とは何か?

ビオメディエッセンスミルクリームに含まれているLG-100が肌の菌を使ったスキンケアのカギ?

何が従来のスキンケアと違うの?

 

 

 

 

ビオメディの効果ってどんなものかよくわからない人は多いと思います。

 

ポイントは皮膚に滞在している菌を活用した化粧品であること。
これがビオメディの特徴と言えます。

 

 

菌というと聞くだけだとあんまり良いイメージってないですよね。

 

私も大人になって菌のことを深く知るまではなんとなく敬遠していました。

 

 

そして、このビオメディエッセンスミルクリームはそんな菌を上手く生かしたスキンケアを実施した化粧品です。

 

どのような菌を活用するかというと、肌に普段滞在している菌です。
常在菌と呼ばれているものです。

 

人間の体内にも菌は普通に存在しています。

 

 

しかも体内には100兆個以上とも言われており種類も500種類以上あるということを聞いたりします。

 

それだけ菌と人間の関係というのは密接というわけですね。
ビオメディはそんな体内に普段存在している菌で肌の調子をよくしてスキンケアをしていく化粧品です。

 

 

▼ビオメディエッセンスミルクリームの効果を確かめたい人は下記から購入できます▼

 

自分で塗ってビオメディの効果を確かめた【写真付き】

 

ビオメディの蓋空ける

 

これはビオメディのお試し用サイズです。
(1週間〜10日分)
なので、容量は18mlしかありません。

 

でも500円で購入ができるのでとってもお得
本サイトからの購入ページで買うことができます。
※正規版は150mlという大容量です。
早速試してみました。

 

ビオメディの中身

 

ビオメディの蓋を開けてみました。
説明欄にも書いてありますが、「ミルク美容液」なのでこのように白い液体が詰められています。

 

ビオメディを手に浸ける

 

ビオメディエッセンスミルクリームを早速手に浸けてみました。
感触はなんとなく乳液に近いです。

 

ビオメディのクリームを伸ばす

 

ビオメディエッセンスミルクリームをちょっと手のひらで伸ばしてみました。
すると、なんとなくドラッグストアで売られている乳液に近いのですが肌への馴染みは早いです。
あと匂いはほぼ無臭ですが、なんとなく糀や粕の優しい弱い香りがしました。

 

ビオメディエッセンスミルクリームを顔に浸けた感想

 

 

顔につけてみると、最初の印象は「あれっ刺激ちょっとあるかな?」と思ったのですが、勘違いですぅーっと肌に馴染みました。
馴染みは結構早く浸透性は強いです。

 

あと、思ったよりもベタつきが非常に薄い。
乳液とは明らかに違う点でした。

 

あと感触をもう少し詳しく説明すると
浸けて1,2分経った後顔を触ると「肌が柔らかく、軽くなった感触」がします。

 

ザラつきはなく、かといってサラサラになるわけでもなく”柔らかくなった”という印象が強いです。

 

ビオメディを浸ける前と浸けた後の変化の画像

 

もちろんですが、すっぴんの写真です(笑)
ビオメディを浸ける前と浸けた直後の肌変化を写しました。

 

ビオメディ浸ける前

ビオメディ浸ける前

 

ビオメディ浸けた後

ビオメディ浸けた後

 

このようにビオメディエッセンスミルクリームを浸けた直後ではもちろん変わった変化はありません。
肌には美容液がこのように直ぐに馴染みます。
安い化粧品や効果が薄い化粧品にあるいつまでも肌の上で液体が残っているような嫌な感じはありません
そこはちょっとプラスポイントかなと思っています。

 

なので、浸透力はけっこう高めです。
肌を手で触ると「しっかりとベタつく実感はありそれが大体2時間くらい残っています。」

 

ビオメディの効果としては、これが肌の表面上に残って肌の上に常在する菌(美肌菌=善玉菌)を育ててくれるような役割なので期待して浸けています。

 

まだまだ汚い肌ですが、これでもかなりお肌は綺麗になってきているので私的にはビオメディの効果に満足しています

 

1週間ほど使った印象としては、流石にニキビ、シミなどの改善効果はまだ見られませんが、くすみ、赤み、肌のトーンは意外に目に見えて綺麗になった実感はあります。

※夜のみしか使っていません。

 

▼ビオメディエッセンスミルクリームの税込540円or税込2997円の購入が選べる▼

>>biomedi(ビオメディ)をもっと詳しく見てみる

 

ビオメディの美容液の変なベタつきはないですが、肌にふんわりと残っている実感が強いです。

 

ビオメディの肌効果をもう少し詳しく知りたい

 

 

前述したように肌には普段滞在している菌があります。

 

「アクネ菌」
「黄色ブドウ球菌」
「表皮ブドウ球菌」

などです。

 

これらは肌に滞在している菌として一度はスキンケアをした中で聞いた事があると思います。

 

例としては「アクネ菌が増えすぎてニキビも増えてしまったよ〜」みたいなことです。

 

これらは腸内環境と同じようにバランスが大事で、腸内も悪玉菌が増えると

「おならが出やすくなったり」
「便秘になってしまったり」
「痛くなったり」

と菌のバランスを整えるということは大事です。

 

これが逆に善玉菌が多くなりバランスも良い具合に整えば

「便秘はなくなり」
「代謝が良くなり」
「血行が良くなり」
「肌や髪にも栄養分が通うよりになり」
「気分も良くなり」

と良いサイクルが生まれだします。

 

腸内環境は例ですが、ビオメディを肌に浸けることによって肌環境も良くなっていけば

「ニキビができにくくなる」

「シワができにくくなる」

「ハリが出やすくなる」

など肌自体の活性を促すためビオメディは独自の成分配合を目指しています。

 

美容液を顔に塗る

 

イメージとしては10代の頃のような肌を思い出せればわかると思いますが、
スキンケアなんて気にする必要がなかった」と思います。

 

しかし、加齢とともに肌もカラダも、髪や爪、脳内や筋肉などあらゆるものが衰え始めます。

 

 

肌ももちろん齢とともに老けていく。

 

そして、ビオメディは常在菌の動きを活発にするような目的の美容液

 

若い頃は気にせずに大丈夫だったのは、常在菌がしっかりと作用していたことが理由として挙げられます。

 

こういった肌環境にしていくためにビオメディは作られた美容液というわけです。
ビオメディの効果の重要なポイントの部分です。

 

保湿効果はビオメディには備わっている?

 

保湿の盾

 

ビオメディに保湿効果があるかというと、液体自体の持続性はあるため顔に浸けても乾燥の酷い冬でも4時間ほど、春には寝て起きてもまだ少しベタツキがあるくらいなので6時間以上は意外に肌に浸透している実感はあります。

 

しかし、ビオメディの効果の勘違いとして保湿効果を通常のスキンケアと同じく求めるのはちょっと違います。

 

なぜビオメディを通常のスキンケアの保湿を求めてはいけないのか?

 

LG100

 

ビオメディはスキンケアの保湿を求めるというよりも
肌の常在菌の善玉菌を増やすのが目的。

 

ですので、ビオメディ自体の液体の保湿効果はあまり意味がないように思えます。
しかしビオメディを浸けて肌を触ると上記のように感触があるので、心配は必要ないと思えます。

 

ビオメディは使用方法も大事なので詳しくは記事をご覧ください。
一番がビオメディの効果をUPさせるための「環境づくり」が大事だと私は思っています。

 

菌を活用することでスキンケア効果ってホントに上がるの?

 

昇る

 

私は実際ビオメディ以外でも常在菌と活用した美容液を使用したことがありますし、今も持っています。

 

そしてそれを肌に浸けた印象をストレートにいうと「なんとなく肌がポカポカして肌がその日綺麗になっていた」効果がありました。

 

そして、「今まで使った化粧品よりも肌がなんとなく潤いを帯び勝手に活発になっている」印象があります。

 

これは常在菌がメジャーになった際に買ってみた化粧品で、様々なものを検証している中で特に意識せずに買ったものでした。

 

なので実際常在菌を活発に出来る化粧品があれば今後かなり伸びていく部類なんだと思いました。

 

この辺は各お医者さんも色々研究していて、いろんな効果が明かされてきていますしテレビでも最近何回か皮膚の常在菌について放映がされています。

 

なので、今まで使用していたスキンケアだけでは肌の調子が整合わないという人はご自分の肌を自分自身で活性化させるようなイメージでこのビオメディ化粧品を試してみる方法もありだと思います。

 

 

ビオメディ効果をちょっとだけ試してみたい

 

なんとなくこのビオメディの効果を少し試してみたいけど、どこかのドラッグストアで売っていないの?
と思われる人もいらっしゃると思いますが、ビオメディは店頭販売品は現在はありません。

 

 

なので、ちょっと試すというと現実的にはムリになってしまうのですがこのビオメディを「試供品」の価格で「少量」で購入することが可能な方法があります。

 

本サイトでは
ビオメディの通常サイズ    : 2997円(税込)
ビオメディのお試し用サイズ : 540円(税込)

 

それぞれ2種類ビオメディを試すことができます。

 

▼今なら期間限定でビオメディを安く購入できるページへ▼

 

ビオメディを使っている人たちはどんな様子?

 

 

料理ネタじゃなくて美容ネタ?。 最近このbiomediっていうオールインワンミルクに出会ってスキンケアめちゃ楽&節約になってるのー。 赤ちゃんいると、お風呂上がり→化粧水→美容液→乳液→クリームの間隔がそれぞれめっちゃ時間空いてしまうので、はじめてオールインワンに手を出してみた! ら! 肌に合った! 育児エッセイ『はるまき日記』がめちゃおもしろかった漫画家・瀧波ユカリ先生が、Twitterでオススメしてたのがきっかけで買ってみたよ。 なるほどたしかにポンプ式ってのは片手で出せて便利だね。 よかったー! しばらく続けてみる? #biomedi #ビオメディ #ビオメディ好き #瀧波ユカリ #江古田ちゃん #皮膚常在菌

本庄なべ子さん(@honjonabeko)がシェアした投稿 -

 

SNSでもビオメディは今や話題ですね。
いろんな人が使い出しています。

 

中には赤ちゃんと一緒にビオメディを載せている写真もあり、
面白かったです。

 

 

美肌菌ビオメディのQ&A

 

ビオメディの成分について

購入前にビオメディの全成分を知っておきたい。
自分のアレルギー成分が含まれているか確認したい人は下記の項目をご覧ください。

>>ビオメディの全成分

 

ビオメディの使用方法について

ビオメディはどんな使い方をすれば一番効果的なの?
と思われている人は下記の使用方法をご確認ください。

>>ビオメディの使用方法

 

ビオメディって人気なの?

ビオメディエッセンスミルクリームはスキンケアの中でも比較的新しいタイプの美容液です。
それは肌の常在菌を活性させるタイプのため一般的なものと比べると目的がかなり違います。
ただビオメディ(美肌菌スキンケア)は海外でも注目されつつあります。

>>ビオメディの人気

 

ビオメディの購入店舗

 

ビオメディを「お試し用」という買い方で540円で購入する方法が存在します。

 

あくまでお試し用なのでビオメディの容量としては1週間〜10日くらいの分しかないと言われていますがこの常在菌を試す上では良いと思います。

 

もちろん他にも大手のamazon、楽天、yahooショッピングなどビオメディを通常購入で買える方法もありますが値段が少し割高になっています。

 

普通に大手ショッピングサイトで購入すると調べた限り5000円近くしてしまうビオメディですが、下記の場所からだと4000円以下で購入することが可能です。

 

 

なので、2種類からビオメディエッセンスミルクリームを試す事ができます。

 

▼敏感肌や乾燥肌にも最適の美肌菌美容液はコチラ▼