ビオメディ 成分

ビオメディ全成分

 

ビオメディの全成分は以下のようになります。

 


水、ク?リセリン、トリエチルヘキサノイン、BG、ヘ?ンチレンク?リコール、スクワラン、α-ク?ルカンオリコ?サッカリト?、テトラヘキシルテ?カン酸アスコルヒ?ル、ト ウモロコシエキス、フラーレン、ヨーク?ルト液(牛乳)、水溶性コラーケ?ン、加水分解コラーケ?ン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル (C12-13)ク?リセリル、ヒアルロン酸 PG、加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、アカヤシ?オウ根エキス、フ?クリョウタケエキス、モモ 果実エキス、ホ?タンエキス、カンソ?ウ根エキス、ハトムキ?種子エキス、タ?イス?種子エキス、ク?リコシルトレハロース、加水分解水添テ?ンフ?ン、ステアリン酸、ハ? チルアルコール、ステアリン酸ホ?リク?リセリル -10、ヘキサ(ヒト?ロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロシ?ン酸)シ?ヘ?ンタエリスリチル、(アクリレーツ/ア クリル酸アルキル(C10-30)クロスホ?リマー、カルホ?マー、トリ(カフ?リル酸/カフ?リン酸)ク?リセリル、レシチン、PVP、水酸化K、キサンタンカ?ム、ヘ?ンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

上記のように加水分解されたコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど真皮層の肌の弾力に必須な成分も多分に含まれています。

 

ビオメディはあくまで”皮膚にいつも在る菌を活性させ肌に備わっている肌回復を高める”ような意味合いで作られたスキンケア化粧品ですが、しっかりと肌の成分に効果が高いものも含めて成分配合されています。  

 

 

敏感肌対策として刺激も抑えた成分

 

特徴としてはまず”8 つのフリー処方として成分配合を気をつけており、

「パラベン」、
「アルコール」、
「鉱物油」、
「石油系界面活性剤」、
「合成香料」、
「合成着色料」、
「シリコン」、
「サルフェート」

は配合されていません。

 

 

そのため刺激に弱い肌質の人も安心してスキンケアができる化粧品になっています。

 

 

ビオメディは皮膚常在菌を活用してスキンケアをする化粧品ですが、皮膚の皮脂が特に多い部分に関しては、アクネ菌、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、放射菌など様々な菌が滞在していることで知られています。

 

 

 

これに対して、ビオメディの上記の成分が相互作用し肌に元々備わっている自己回復的な役割であるターンオーバーを活性させてくれる目的の意味で作られた化粧品と言えます。

 

 

 

なので、既存の化粧品では肌に備わっている成分を注入して入れ込んでいくような目的のスキンケアが数多く存在しますが、それがビオメディの場合は従来の物と異なります。

 

 

不安な人も多いと思いますが、私も皮膚常在菌のスキンケア化粧品を使用しており効果の可能性は感じています。肌に対して刺激性の強い成分も見受けられないので肌の適合性もしっかりとしている商品だと感じます。

 

 

>>ビオメディ 効果<<