洗顔 やりすぎ 

洗顔やりすぎダメな理由は肌の菌

鏡で自分の顔を見る

 

 

洗顔をやりすぎてはいけない理由は実は肌にある”菌”が原因です。

 

ですので、顔の肌に住む菌についてちょっと述べていきます。

 

 

顔の肌には数億個の菌が滞在していると言われています。
これが”美肌菌”に関連していくことなんですが、
その中でもいくつかの種類の菌があり代表するものが

 

「表皮ブドウ球菌」
「黄色ブドウ球菌」
「アクネ菌」
「マラセチア菌」

などが代表される菌です。

 

そして、美肌菌に該当する菌が「表皮ブドウ球菌」と呼ばれるものです。
これが皮膚細胞の角質の隙間に滞在しているものです。

 

 

この菌の主な役割は肌荒れやアトピー性皮膚炎になる素の黄色ブドウ球菌を抑える役割を果たしたりするため肌を守る役割としては非常に大事な要素です。

 

 

これが美肌の元にもなる部分の菌でもあるのでこれが常に顔に多くあり、さらに滞在して皮膚に多く残っている状態にあると肌は守られている状態にあり好ましいと言われています。

 

 

その一方この菌は洗顔をすると洗い流されて減少してしまいます

 

なので、過度な洗顔は禁物。
でも顔に付いた細菌を取るため洗顔は必要。

 

 

スキンケアで洗顔についてはぬるま湯洗顔で行う人もいれば、洗浄成分が強すぎない洗顔料を選んで洗顔する人がいるのはこういったことが理由にもあります。
なので、それだけ肌に滞在する菌は重要です。

 

美魔女と呼ばれる人たちが比較的多く洗顔料を使用しないという理由がこういった理由もあり、おこなっていないこともあります。

 

なので、「洗顔をやりすぎない理由は肌の菌を守るため」にあったということです。

 

 

 

肌の菌を活発にさせるスキンケアがあれば大丈夫

 

肌の菌

 

なので、逆を言うと肌の菌を活性させるスキンケア方法があればそういったことを気にしなくても良いということにもなります。

 

 

そのために美肌菌を活性させるビオメディが今美容業界でもブームであり注目され始めている大きな理由の一つです。

 

肌の菌は綺麗な肌を保つために非常に重要なのです

 

 

ビオメディを上手く使用すれば美肌菌を活性させること、上手く増やす事を目的とした美容液なので注目が集まっているのはこうゆう理由があります。