ビオメディ

40代スキンケアはビオメディ

40代を超えると一気に肌の老化が始まると思います。

 

老化悩み

 

統計でも言われていますが

 

25歳からお肌の曲がり角を経て
30歳から徐々に顔が丸っこくむくみ出して
40歳からたるみやほうれい線、シミが目立ち始めます。

 

 

今まであまり気にしていなかった、くすみ、赤み、薄い色素沈着などが徐々に顔の表面に現れ出して
老けたな…」と心で感じるようになり、
40歳になるとスキンケア化粧品をしても効果がなく、ファンデーションやBB、CCクリーム、口紅、アイカラーを使う量だけが増していく…
そんな状態が多いと思います。

 

 

やはり加齢とともに化粧水や乳液、美容液の”効力が減っている”というのは心から感じる場面が多くなっています。
その場合は美肌菌が有効です。

 

 

40代を超え美肌菌が有効な理由

 

40代を超えるとスキンケアが効かなくなる、
効きにくくなる理由としては

”肌の浸透力の低下”
”肌の再生力の低下”

の2つが大きく理由としてあると考えられます。

 

30歳を超えてからの肌劣化の原因もこの第一段階と言えますね。

 

 

人によっては20〜25歳を超えてすぐに肌の老化が始まる人もいるので一概には言えませんが、
20歳を超えたらいつ肌の変化が訪れてくるのかはわからないということですね。

 

 

そして、齢を重ねていくに連れそれが段階的に何度も顔の老化と変化がくるというわけです。

 

そして、40代は特に”肌の浸透力と再生力が低下”する中で美肌菌の場合はこれら2つに有効的な作用を持っていると言われています。

 

 

洗顔をしすぎてはいけない理由は下記の記事に載せています!

>>洗顔をやりすぎがダメな理由は肌の菌に関係があった

 

 

美肌菌ビオメディはそこまで浸透しなくても再生力に効果的?

 

 

美肌菌ビオメディは従来のスキンケアと比べると肌表面の”菌”を活性させる役割。
なので、浸透力を考える必要がほとんどありません。

 

 

肌の表面の保護成分とすると肌バリア機能としてセラミドが有名ですが、
ビオメディは肌表面の常在菌を活性させる役割」の化粧品と言えます。

 

なので、浸透力が衰えた40歳を過ぎた女性にも有効的な化粧品というわけです。

 

「たるみ」「シワ」「乾燥」「くすみ」「赤み」「毛穴」「シミ」などのエイジングケアにも有効的というわけです。

 

 

私もビオメディを使っていますが、
やっぱり今までのスキンケアでは「ホントに効いているのかいないのかがハッキリしなかったことが多かった」ですがビオメディは全然違います。

 

 

ただ同時に効果のあるスキンケア化粧品が減ってきてしまったという残念な心情もありますけどね。
でもビオメディはそういった肌の足りない部分、求めていた効果を補助してくれるのでビオメディの効果は高いです。

 

 

ビオメディを実際に使った記事も載せていますので気になる人はご覧ください。